業者を選ぶときのポイント

リサイクルトナー業者を選ぶコツについて見てみましょう。リサイクルトナー業者と言っても、いろいろなパターンがあります。数人程度の従業員で製造している場所もあれば、数百人の従業員を抱えながら製造している場所もあります。そのため、販売費及び一般管理費も企業によって違うため、価格はまちまちです。コストを抑えたければ、販売価格が安い商品を選ぶと良いでしょう。

同じ種類のリサイクルトナーでも、業者によって2倍以上の価格差が発生していることもあるため、慎重に選ぶことが大切です。しかし、安い価格の商品を購入したとしても、不良率があまりにも高い場合は要注意です。

特に、不良品が全くないという内容で営業する業者には気を付けましょう。リサイクルトナーは、不具合が生じてしまうこともある製品です。そのため、危ない業者だと思った方が良いでしょう。不良品が出る可能性があることを正直に伝え、かつ購入後のアフターケアがしっかりしている業者を選びましょう。すると、リサイクルトナーの購入後も、快適に使えるためおすすめです。また、業者のなかにはweb割引を適用している場所もあります。

その場合は、電話やFAXではなく、web上から申し込みましょう。トナーを使う量が多い企業だと、数万円の節約効果が期待できるためおすすめです。ぜひ、長期的にお付き合いできる業者を選び、経費削減してみることをおすすめします。